餅つき会

2019年12月15日(日)晴れ
本年の米づくりの最後を締めくくる餅つき会を公募大人20名、スタッフ16名を集め開催しました。
大人1名1臼の半分づつの「のし餅」にして持ち帰ります。「餅つき機」による捏ねと「臼杵」による手搗きを併用して名簿順に、のし餅を仕上げていきます。
子どもたちも杵で餅搗きにチャレンジしました。
搗きたてのお餅は「あんこ餅」「きなこ餅」「磯部餅」にセルフトッピングして試食します。試食用含め合計23臼を搗きました。大きな鍋2つで「トン汁」も作りました。最後に余ったおもちを使って丸餅づくりを行い家族毎に持ち帰りました。
一年間お疲れ様でした。来年も良い年であります様に!。

2019年12月15日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

餅つき会準備

2019年12月14日(土)晴れ
米づくり今年最後の行事、明日の餅つき会に備えて現地会場で道具や材料の準備確認を行いました。
もち米は一臼当たり2.2Kgを標準に23臼分を洗米しました。今年も昨年と同様に捏ねを機械で搗きを臼杵で仕上げる方式とします。
明日は楽しい一日になります様に!。

2019年12月14日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験「脱穀」

2019年10月6日(日)曇り
2019年度「米づくり体験」最後の作業「脱穀」に一般家族21名とオイコスメンバー10名の総勢31名が田んぼに集まりました。
今にも雨が降り出しそうな風も冷たい天気の下、農家支援のコンバインに十分乾燥した稲束を参加のみんなで次から次と運び投入してどんどん脱穀を始めました。
まず、もち米から脱穀をスタートしてうるち米全部を約2時間程で終了して手分けして紙袋詰めまで子どもたちも頑張って手伝いました。
今年も収穫したうるち米5kg程を各自持ち帰りました。
5月から始まった「米づくり体験」も順調に長丁場をこなし無事終了出来ました。
皆様、大変お疲れ様でした。

2019年10月06日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験「稲刈り・はざ掛け」

2019年9月15日(日)晴れ
朝からの好天の下9時にいつもの農業交流センターに家族参加者大人18名に子ども8名とオイコスメンバー12名の合計38名が集合して賑やかな一日となりました。予定通り本日、田んぼの稲刈り(手刈り)とはざ掛けを行いました。
田んぼの稲は台風15号の影響で無残にもほとんどの稲が倒れていましたが山崎講師の実演指導で垂れた稲の刈り方を教わり全員田んぼに入り作業を開始しました。
昼食を挟んではざ掛けを行い15時に全作業を終了しました。さすがに帰りの皆さんは疲れた様子ですが次の脱穀が田んぼでの最後の作業となり収穫が楽しみです。
本日は暑い中お疲れ様でした。

2019年09月15日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験「自然観察会」

2019年8月11日(日)晴れ
5月の田植えから7月の草取りを済ませ8月の田んぼの作業は一服して島田谷津田の斜面林の上にある“むつみの森”で楽しい夏休みの思い出にと森の中で半日を過ごしました。
いつも様に農業交流センターに朝集合してから“むつみの森”へ向かいました。ここは7年前よりボランティア団体「里山むつみ隊」が手入れを重ね遊歩道をはじめ雑木林の手入れにより県内でも珍しい花や樹を育てており中でも上総掘りによる井戸水ポンプまで備えた立派な森林です。
”むつみの森”到着後まず最初に「里山むつみ隊」山崎事務局長から千葉県の森林と八千代との比較の説明が有り、そのあと全員で森の遊歩道を散策しました。手入れの行き届いた樹木の下に保護された草花を見つけるなど30分位で散策は終了しました。
その後、大土(おおど)講師の指導により参加父兄が“竹とんぼ”作りを行いました。また、子どもたちはロープぶら下がりに興じ楽しい昼ごはんタイムにオイコススタッフ金室さんの育てた黄色いスイカを皆で頂いて解散としました。
本日の参加者は田んぼ会員13名(大人7名、子ども6名)とオイコススタッフ6名と講師1名でした。
本日は暑い中お疲れ様でした。

2019年08月11日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験「草取り②」

令和元年7月15日(祝)雨のち曇り

都心では17日連続で日照時間が3時間未満の記録的な日照不足となっており農作物への影響が心配です。田んぼの雑草が昨年に比べ(繁殖が)少なこともあり予定(当初:6/30)を延期して田んぼの中の草取り第二回目を本日行いました。順調に稲が生育すれば来月8月上旬に稲の花が咲き田んぼの中での作業が出来ないため少雨決行で参加者に案内、体験家族24名とスタッフ10名(講師含む)が参加しました。 集合時間9時前には小雨が降っていましたが田んぼに着いたころには雨もあがり用意した雨カッパの出番はありませんでした。中干の時期を前に田んぼの水はそれほど多くありませんが田んぼの土は柔らかく足を取られながら皆さんヒエ(稗)を中心に雑草をバケツに集めました。稲の発育状況は、木陰となる道路側や水口付近は井戸水の冷たい水の影響で稲の生育は毎年良くありませんが概ね順調です。なお、稲の葉の色が隣の田んぼに比べ濃くなっています。講師によると有機質肥料を多く用いた場合や土中の窒素分が増加する場合など多肥条件で稲の葉色が濃くなる様です。稲の葉色が濃くなると「いもち病」に罹(かか)りやすくなるので追肥方法など制限が必要だそうです。次回の田んぼの活動は稲刈り(9月15日)の予定です。
本日はお疲れ様でした。

2019年07月15日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験「草取り①」

令和元年6月2日(日)曇り時々晴れ
おととい九州南部が梅雨入りしました。関東甲信も一週間後には梅雨入りの様です。
田植えから約一か月が経過し本日は、田んぼの中の草取り第一回目を行いました。
体験家族16名とスタッフ12名(講師含む)が参加しました。
田んぼの水は少なく、特に水の無い土の表面には小さな雑草がたくさん生えており、
小さなヒエ(稗)もところどころに生えていましたが、稲の発育状況は順調で問題
無さそうです。
水たまりには「オタマジャクシ」がたくさん泳いでおり「オケラ」や「アマガエル」
も確認できました。
次回の草取りは6月30日(日)の予定です。
本日はお疲れ様でした。

2019年06月02日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

花輪川の作業(5月定例)+苗の補植

2019年5月12日(日)晴れ

西日本を中心に気温が30度以上の真夏日となるなど各地で今年一番の暑さとなりました。 オイコス活動拠点となる花輪川の菜の花は咲き終わり背丈を超えて伸びた茎には実がついており中にはサヤがはじけて中から種がこぼれ落ちているものも有りました。 本日は、川作業と田植え実施後一週間経過に伴う苗の補植を朝から同時進行で実施しました。
苗の補植は、「欠株」箇所の植え付けや、根が土から出ている「浮き苗」の植え直しを3名で約一時間で終了しました。 田んぼには6ミリ程の小さな「オタマジャクシ」を見ることが出来ました。
川作業は、3月竹の切出しで出た笹の後片付けや土橋付近遊歩道の清掃や土橋階段コンクリートの隙間から生えた草取りに加え、川の中州の草刈りを今年初めて本格的に実施しました。作業の終わりに差入れのサツマイモを消し炭の中で焼き芋にしておいしくいただきました。
午後からは定例会です。お疲れ様でした。

米づくり体験「田植え」

令和元年5月6日(祝)晴れ
大型連休最終日。絶好の行楽日和です。
家族参加者27名とスタッフ14名(講師含む)で田植えを行いました。
田んぼの両端からロープを張り「もち米」「うるち米」の順で手植えを行いました。 今回はJ:COMの取材が入り5/8(水)17:00~「デイリーニュース」で放送予定です。 これから暑くなりますが7月末まで3回程、田んぼの中の雑草取りを行います。 参加家族の皆さんと一緒に暑い夏を超え、実りの秋には沢山の米を収穫して年末には楽しい「餅つき会」を!。頑張りましょう。

2019年05月06日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験説明会

平成31年4月21日(日)晴れ
熱中症を予防するための指標となる「暑さ指数」の公開が今年も19日から始まりました。 いよいよ、八千代オイコス「米づくり体験」事業のスタートです。今年のGWは特に10連休となりその最終日(5月6日(祝))に田植えを行います。12月の収穫祭まで今年は13家族(32名)の参加申込みがありました。
米づくり拠点を昨年から島田谷津田へ移し2年目となります。今年も「もち米」と「うるち米」の両方を植えますが、その比率を(うるち米の比率増)見直して計画準備中です。
谷津の自然環境保全には谷津田を休耕田とせず耕作継続が必須です。深刻な農業後継者不足の中、この谷津田の自然環境保全を兼ね農作業の体験を通した学びの場として楽しく、また熱中症にも気を付け苦労も共有しながら一年間活動出来たらと願っております。よろしくお願い致します。

<参考資料>
・説明会資料(諸注意)
・年間スケジュール
・募集チラシ

2019年04月21日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者