米づくり体験「稲刈り・はざ掛け」

平成30年9月16日(日)曇り時々晴れ

朝夕ずいぶん涼しくなりました。
秋雨前線の影響でこのところぐずついた天気が続いて、一昨日はずっと雨でしたが昨日
未明には雨が止み予定通り本日、田んぼの稲刈り(手刈り)とはざ掛けを実施しました。
体験家族20家族61名とスタッフ12名(講師含)が参加しました。
今年から島田谷津田に拠点を移し田んぼも広くなり「うるち米」と「もち米」両方の収
穫に向け、稲の「刈り取り」や「稲束作り」そして「はざ」の組み立て、全ての段取り
は手探り状態。試行錯誤で計画を立てました。
刈り取った稲の揃え方、「はざ」の強度確保および転倒対策、「雑草ヒエ」の駆除、
休憩場所(お弁当)広さの確保、稲束を縛るわらの量確保など、長年の懸案を含め課題が
明らかとなりましたが、怪我も無く予定通り全ての作業を完了しました。
参加の皆様にはお礼を申し上げます。
二週間後はいよいよ田んぼでの最終作業「脱穀」を行い収穫した籾米(うるち米)は参加
家族に配分します。※天候状態により延期有り。
また、もち米は後日精米して12月16日(日)に「餅つき会」を行います。
本日は暑い中お疲れ様でした。

2018年09月16日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

田んぼの草刈り

平成30年9月1日(土)曇り時々晴れ
本日は「防災の日」大型台風21号は来週日本列島にかなり接近する見込みで注意が必要です。
八千代市にも朝から雷注意報。午後から雨の予報でしたが2人で田んぼの草刈りを行いました。
田んぼの周りの畔や隣の田んぼ(北側)道路側の畔、木陰となる林の下草を刈りました。
稲の生育状況について講師(地元農家)によると、今年既に稲刈りを済ませた近隣農家のお米の
出来高は若干低いとのこと。どうやら連日の猛暑が影響している様です。
お隣(南側)の田んぼの稲は黄金色の穂が実り、天候が良ければ来週にも稲刈りが行われると
のことです。
我々の田んぼはまだ緑色の穂が多く今のところ9月16日(2週間後)に稲刈りを予定しています。
草刈り終了後、刈り取った稲を干すハザ掛け(竹の稲木)の組み立て方のテストも行いました。
220cmの竹3本を結束バンドで縛り170cmの正三角形となる様に足を広げ組み立てます。
強風を受けても倒れない様に竹先を20cm地中に打ち込みます。
今年は台風の当たり年とのこと。稲刈りから脱穀完了まで間は台風が来ないことを祈ります。
本日は暑い中お疲れ様でした。

2018年09月01日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

夏の田んぼ

平成30年8月26日(日)晴れ
本日も各地で猛暑日となりました。今月(8月)も残り一週間、田んぼの様子を見てきました。
8月上旬に花を咲かせた稲は緑色の穂を垂れ順調に生育している様子です。3週間前は特に
目立たなかった「雑草ヒエ」が稲の背丈を超えていました。無農薬栽培による課題です。
来月9月は太平洋高気圧の勢力が徐々に弱まり、台風は本州付近への接近・上陸の危険性
が高まるそうです。稲刈り当日は今日と同じ晴天で迎えることが出来ます様に。

2018年08月26日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験「自然観察会」

平成30年8月5日(日)晴れ

本日も西日本から東日本を中心に晴れて気温が上がり、午前中からすでに30度を超えているところがあり
熱中症に厳重な警戒が必要です。甲子園では夏の全国高校野球第100回記念大会が史上最多参加56校の代
表校にて開幕しました。
島田谷津の田んぼは、青々とした稲が順調に生育しています。田んぼ両端の林の影響を受け、日当たりの
良い田んぼ中央付近は稲穂が実っています。また、この暑さのせいか既に花が咲いている稲もありました。
この稲の花が咲く頃は受粉の妨げとなるので田んぼの中に入れません。予定通り島田谷津頭にて自然観察
会を開催しました。体験家族11家族35名とスタッフ14名(講師含)が参加しました。
今回、会場は「むつみの森」をお借りして「藁すぐり」「竹水鉄砲づくり」「森の散策」、余った時間を
利用して、竹トンボや竹馬など昔遊びも行いました。
「藁すぐり」は稲刈りの時に刈った稲を束ね縛るための藁を無駄なはかま(下葉)を取り除き芯のみに準
備することです。講師によると藁すぐりは足踏脱穀機(あしぶみだっこくき)を用いて昔は行っていたそ
うです。今は機械化が進み稲刈りから脱穀~乾燥までコンバインで行うため近隣の農家にはそのような器
具は既に存在しないそうです。なので試しに熊手(レーキ)を用いて藁すぐりを行いました。以外と簡単
に子どもたちも楽しみながら約48束の藁を効率良く上手に仕上がりました。
今回の企画は田んぼから少し離れ、参加家族間の交流も兼ね数多くの体験が出来る内容でした。暑い夏休
みの楽しい思い出になれば幸いです。次回(9月)は「稲刈り&はざ掛け」の大仕事が待っています。
本日は暑い中お疲れ様でした。

2018年08月05日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり準備「竹の整備」

平成30年7月29日(日)晴れ時々雨

猛暑が続く中、台風12号が異例のコースで29日未明、三重県に上陸。さらに西日本へ進んでいます。
土日に予定していた「川の学校」はこの台風の影響で安全を優先し残念ですが中止としました。
本日、台風一過。天候の回復が早まりましたので米づくり(稲刈り)に向けハザ掛け用稲木(竹)
の整備を行うこととしました。
また、8月5日自然観察会で企画している竹水鉄砲づくりの材料の準備も行いました。
暑い中お疲れ様でした。

2018年07月29日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験「自然観察会」下見&企画検討

平成30年7月15日(日)晴れ

西日本と東日本を中心に猛烈な暑さが続き、ところによっては最高気温が40度近くになると
予想され熱中症に警戒が必要です。体調管理には十分気をつけてお過ごし下さい。
本日は次回、米づくり「自然観察会」に向け谷津頭散策の下見と企画打ち合わせを行いました。
田んぼの稲は順調に生育しています。
暑い中お疲れ様でした。

2018年07月15日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験「草取り②」

平成30年7月1日(日)晴れ

一昨日(6月29日)関東甲信地方の梅雨明けの発表がありました。平年より22日早く昨年(7月6日ごろ)より7日
早い梅雨明けです。関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは初めてのことだそうです。
本日は、当初予定通り田んぼの中の草取り第二回目を行いました。
体験家族51名とスタッフ13名(講師含)が参加しました。
田んぼは近隣の農家と同様に、ちょうど『中干し』の時期でした。夏の暑い盛りに田んぼの水を抜いて田んぼ
の地面に小さなヒビが入るまで乾かすのが中干しです。中干しをすることにより次の効果があるそうです。
①根腐れを防ぎ根を強く。②過剰な株の分けつの抑制。③土を干して固くし刈取りなどの作業性を高める。
なお、中干しは完全に水を抜いてそのまま放置するのでは無く、カラ梅雨の年は田んぼの乾き方が過剰となる
ので水を入れる場合もあるそうです。約2週間の中干し後は、田んぼに水を満たし水を止め→水が干上がる→
また水を満たして水を止める…。この、水の管理サイクルを今後は稲が成長するまで繰り返します。
稲と稲の間には雑草が…特に『ヒエ』が稲と見分けが付かない姿でたくさん生えていました。
一カ月前、水たまりにいたオタマジャクシは見えなくなりましたが小さな「アマガエル」の姿がありました。
次回は稲の生育状況によりますが8月5日に行います。稲穂が出始める(稲の花が咲く)時期は田んぼの中には
入れませんので、9月の稲刈りに向けた準備や田んぼ周辺や谷津頭の自然観察会などを行う予定です。
本日は暑い中お疲れ様でした。

2018年07月01日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験「草取り①」

平成30年6月3日(日)晴れ

梅雨入り目前、田植えから約一か月が経過しました。本日は田んぼの中の草取り
第一回目を行いました。体験家族50名とスタッフ12名が参加しました。
田んぼの水は少なく、中心一帯は小さな雑草がたくさん生えていました。
前回作業に足跡で出来た水たまりにはオタマジャクシがたくさん泳いでいました。
稲の発育状況について、道路側(うるち米)の成長は遅いもの、田んぼの中ほどは
順調に育っています。次回の草取りは7月1日予定。本日は暑い中お疲れ様でした。

2018年06月03日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり「苗の補植」

平成30年5月13日(日)晴れのち雨

田植え実施後一週間が経過しました。本日は苗の補植を行いました。
「欠株」している箇所の植え付けや、根が土から出てる「浮き苗」を植え直しました。
花輪川の清掃活動にも参加頂いている大学生の協力も有り約一時間で全ての補植作業は
終了しました。
時折「うぐいす」の鳴き声が聞こえる田んぼには、小さな「オタマジャクシ」を見るこ
とが出来ました。

「苗の補植」について
連続欠株が沢山ある場合以外は隣接株の補償作用によって減収につながる例は少ないため
連続欠株以外は補植を行わなくて良いそうです。補植する場合は除草剤散布前に、連続欠
株の2株に1株の割合で行うそうですが、この田んぼでは農薬(除草剤)は使用しません。
田植え後、長期間を経てからの補植は、生育ムラを作るのでやらない方が良いそうです。
また、補植用の苗は水につけて放置しておくと「いもち病」の発生源となるので、田植え
作業終了後すぐに処分すると良いそうです。

午後からは定例会です。お疲れ様でした。

2018年05月13日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり体験「田植え」

平成30年5月6日(日)晴れ

ゴールデンウィーク最終日。絶好の行楽日和です。
家族参加者66名とスタッフ17名(講師含む)で田植えを行いました。
田んぼに細いロープをピ〜ンと張り4つの班に分かれて「もち米」と「うるち米」苗の手植えです。
これから暑くなりますが8月中旬頃まで、月一回ペースで田んぼの中の雑草取りを行って行きます。
参加家族の皆さんと一緒に暑い夏を超え、実りの秋には沢山の米を収穫し、
年末には楽しい「餅つき会」を!。頑張りましょう。

2018年05月06日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者