花輪川・菜の花エコウォーキング

平成29年4月2日(日)晴天

東京都心では桜(ソメイヨシノ)の満開宣言が全国一番乗りで本日発表されました。
千葉でも開花宣言が出ているものの近所の桜はまだ、つぼみの状態です。
一方、花輪川では金曜~土曜の冷たい雨から少し寒さが残る中、満開の「菜の花」が
咲く花輪川で恒例の春のエコウォーキングを一般応募22名に参加頂き開催しました。
八千代緑が丘駅9時30分出発、東葉高速鉄道車両基地が一望出来る公園を経由して
花輪川~貞福寺~桑納川~高秀牧場~土橋までの約6Kmを、ゴミ拾いをしながら春の
花輪川を散策しました。
花輪川上流の農道では舗装した道路とコンクリートの境目から「つくし」が力強く育ち
近くの田んぼ畦道には同「つくし」が群生していました。一方、花輪川下流では黄色い
「菜の花」の絨毯にミツバチ。高秀牧場脇では「モンシロチョウ」を見つけました。
ウォーキングゴールとなる土橋では、高秀牧場提供の朝搾りたて牛乳や甘酒を温めて
おいしくいただきました。また今回初めてサツマイモ10kgを準備、川清掃にて集めた
枯れ枝で焚き木をしながら焼き芋を焼いて参加者全員でおいしくいただきました。
参加の皆様およびイベント開催に向けいろいろ準備頂いたスタッフの皆様、誠にあり
がとうございました。2017年度最初のイベントですがアンケート結果も高評価で
大成功でした。来週9日は総会ですが今年度もよろしくお願い致します。

花輪川菜の花エコウォーキング開催~千葉県印旛沼連携プログラム事業

前日の雨模様の予報でしたが、その心配も薄れて薄日が漏れ出した4月4日の土曜日、広報やちよをご覧になった18名の方々が八千代緑が丘のモニュメント広場に集まりました。
緑ヶ丘住宅地を通り、東葉高速鉄道操車場の脇を流れる水路に沿って花輪橋へ。
花輪橋から下流は花輪川の遊歩道です。目算通り花輪川の中州は一面の菜の花が満開で、黄色の絨毯を敷き詰めたような見事な景色でした。
貞福寺の境内~吉橋城址~高秀牧場~桑納川を経て再び花輪川土橋に戻りました。
土橋では高秀牧場から頂いた搾りたての牛乳と甘酒を頂いて春のうららかな日差しの中、素敵な午前中のひと時をを過ごしました。

 

菜の花エコウォーキング

春の陽ざしに恵まれ八重桜が満開の中、遥々上高野から自転車に乗ってきた男性、毎年エコウォーキングを楽しみにしている女性の方総勢24名の参加がありました。
緑ヶ丘駅から東葉鉄道車庫下脇の花輪川最上流の地下水の自噴口や昨年秋の台風で斜面林が崩れ川を塞いで川の氾濫後の修復された現場を過ぎ菜の花が咲き乱れた花輪川や戦国時代からの歴史のある貞福寺を見学しました。
今回はJ:COMからも取材に来られ、参加者の楽しそうな会話や菜の花の風景なども放映されました。

 

P1030068 P1030162

駅前に集合した参加者                 桑納川のオイコス看板前

 

花輪川記念写真 P1030130

甘酒と搾りたて牛乳で記念写真           貞福寺の解説

 

P1030097 P1030181

東葉高速下の崩壊した斜面              花輪川の菜の花