花輪川の作業(7月定例)

2020年7月12日(日)晴れのち曇り。

10日からプロ野球、11日からJ1が観客人数を制限して有観客に移行しましたが本日、東京都の新型コロナウイルス感染者数は4日連続で200人超となっています。昨日の強風を伴う雨も止みオイコス活動日を迎え参加者マスクを着用して10名(大学生1名含む)が集合しました。本日の川作業は「遊歩道の草取り」「右岸(斜面)の草刈り」「土留め設置」を中心に実施しました。花壇には先月植えた花言葉「燃える思い」のサルビアが根付き鮮やかな赤で花道が出来ています。8月に企画しているホタル観賞会用のポスターが昨日刷り上がり公共施設を中心に掲示の依頼を手分けして行います。ホタル観賞会の公募は、広報やちよ掲載と同じ8月1日からWebにて受付を開始します。締め切りは8月5日です。午後はサポセンにて例会です。本日はお疲れ様でした。

【コラム】
東京五輪は新型コロナウイルス感染拡大の影響で来年に延期となったが1964年東京オリンピック男子マラソン銅メダリストの円谷幸吉選手の故郷、福島県須賀川市で当時と同様に聖火リレーのコースをサルビアで飾る「サルビアの道」復活に向けた動きが広がっている。新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛が長期化する中、円谷選手の座右の銘である「忍耐」の文字が記されたサルビアの鉢は円谷選手兄の喜久造さん(88)が当時の聖火リレー後コースを飾ったサルビアから種を取り毎年自宅で育て繋いだサルビアの子孫である。花輪川遊歩道は毎年6月はサルビア、11月はパンジーの花で花壇を彩るが今年の秋サルビア撤収の際には来年用の種取りにもチャレンジしてみたい。

米づくり(草取り②)

2020年7月5日(日)晴れのち雨

記録的な大雨で昨日熊本県では川の氾濫や土砂崩れが相次ぎました。東京都では過去最多の22人が立候補して新都知事選挙の投票が本日行われており、新型コロナウイルス感染者数は4日連続で100人超となっており隣接県は危機感を強めており体調不良は県をまたぐ移動を控える様に呼び掛けています。
田植えからちょうど二カ月が経過して稲は大人の腰の高さまで順調に生育しています。本日はオイコス10名が集合して予定通り田んぼの中の草取り第二回目を行いました。田んぼの水は全体的に少なく田んぼ中央側は小さな雑草がたくさん生えていました。ヒエ(稗)もところどころに生えており丸めて土の中に埋めました。前回は百均で購入した小さな熊手を試しに使用して草を削りましたが今回は柄の長い熊手を増やして除草の効率化を図りました。各自休憩を取りながら雨が振り出したこともあり約2時間程で草取り作業を終えました。
作業参加の皆様、蒸し暑い中お疲れ様でした。

2020年07月05日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

花壇(サルビア)苗の植栽

2020年6月17日(水)晴れ
梅雨の晴れ間、湿度40~50%、本日は八千代緑化公社から花苗(サルビア苗693株)の配布がありオイコスメンバ8人が集合しました。花輪川土橋~かりん橋間遊歩道の左右に約1時間かけて植栽を行いました。この季節2004年に遊歩道山側に植えた紫陽花は立派に色づき、初夏から秋に向け花(色)のあるリバーサイドとして人々の癒しとなれば幸いです。作業参加の皆様、暑い中お疲れ様でした。

花輪川の作業(6月定例)

2020年6月14日(日)曇りのち雨。
新型コロナ感染防止に関する警戒は段階的な緩和が進んでおり今週末(6/19)には事実上全面的に解除され自粛から自衛へ局面転換の模様です。6/11に梅雨入りが発表され午前中心配されていた雨も未明に止みオイコス活動日を迎え参加者全員マスクを着用して12名が集合しました。本日の川作業は「花壇整備」と「土留め設置」を予定しましたが、天候と斜面の安全を考慮して土留め作業は延期して花壇整備と遊歩道の除草・清掃としました。花壇には6/17サルビアの苗(緑化公社より配布)を植栽することが決まっており(昨年11月に植えた)パンジーの撤去と整地を実施しました。遊歩道には紫陽花が見頃となっています。花壇には元気なミミズがたくさん育っていました。
午後の例会は6月から公共施設利用再開を受け早速(久しぶりに)サポセンにて開催しました。例会の冒頭には4月任期満了を期に退任された理事へ感謝を込め花束の贈呈を行いました。
本日はお疲れ様でした。

米づくり(草取り①)

2020年6月7日(日)晴れ
先週九州南部・四国地方が梅雨入りしました。関東甲信も来週には梅雨入りの様です。田植えから約一か月が経過、本日はオイコス9名が集合して田んぼの中の草取り第一回目を行いました。田んぼの水口(手前)側は土地が比較的高くなっており、特に土の表面が水から出ている箇所には小さな雑草がたくさん生えていました。ヒエ(稗)もところどころに生えていましたが稲の発育状況は順調で問題無さそうです。ヒエ以外の小さな草は腰を屈め基本、手で土の表面を削って草を除去しますが熊手(昔、百均で購入)を使用すると楽に効率良く作業出来ました。田んぼには「オタマジャクシ」がたくさん泳いでいました。「アマガエル」もまだ小さいですが確認出来ました。各自休憩を取りながら約1時間30分程で草取り作業は完了しました。
次回の草取りは7月5日(日)の予定です。本日はお疲れ様でした。

2020年06月07日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり(見回り)

2020年5月8日(金)快晴
田んぼの様子を見に行きました。
細い箇所も有りますが立派に育っています。
補植はいらなさそうです。

2020年05月14日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

花輪川の作業(5月定例)

2020年5月10日(日)曇り
新型コロナ感染防止に関する緊急事態宣言(延長)下「母の日」の日曜日。宣言対象地域の新規感染者数も減少に伴い「出口戦略」なる議論が活発化しています。明け方の雨も止み曇り空の下、オイコス活動日を迎え参加者全員マスクを着用して10名が集合しました。今日の川作業は右岸(遊歩道花壇下)斜面の雑草撤去と左岸の人丈ほどに伸びた雑草の草刈りを行いました。また、右岸上部にある土の斜面落下による雑草対策として土留め設置案を進めています。午後の例会は新型コロナの影響で公共施設臨時休館により中止として川作業後、簡単な打ち合わせを行いました。打合せの冒頭、第20回総会において役員改選したことを報告しました。今年度計画した事業は新型コロナの影響で殆ど中止しますが各事業活動責任者の役割分担を周知しました。本日はお疲れ様でした。

米づくり(田植え)

2020年5月6日(祝)曇りのち雨
今年の米づくりは新型コロナ感染防止のため一般参加の体験を断念しましたが島田谷津田環境保全を兼ねオイコスメンバのみで米づくりを継続することとしました。GW最終日、コロナ感染対策にて検温・マスク着用の徹底など周知してオイコス11名が田んぼに集合しました。近隣農家の講師が所有する二条植えの田植え機をお借りして田植えを行いました。例年は餅つき用に「もち米」と「うるち米」の二種類を作付けするのですが今年はオイコス少人数で一年間作業するため極力機械化を図り「うるち米」のみとしました。まずは、講師から田植え機の操作説明を受けデモンストレーションの後、オイコスメンバもチャレンジしました。田植え機操縦のポイントは畔の突き当りのUターンと進路を一直線にキープするすることが難しくコツがいる様です。また、植え始めは苗のかき取り量が左右均等になっておらず調整が必要でした。メンバ交代や少し休憩を入れながら1時間20分程で田植え機の作業は完了しました。そして、田植え機の方向転換で植えることの出来なかった箇所(枕地と呼ぶ)や欠株部分は全員で手植えにて補植しました。補植作業も完了したころパラパラ雨が降り出し解散しました。今後は一週間前後を目安に様子を見ながら欠株の補植を行う予定です。本日はお疲れ様でした。

2020年05月06日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

第20回オイコス社員総会

2020年4月18日(土)雨
第20回オイコス社員総会を開催しました。コロナ対策のため役員のみ招集。
荒天のため場所をやちよ農業交流センターふれあいモールに移動しました。

2020年04月18日 | カテゴリー : 事務 | 投稿者 : HP管理者