米づくり竹の切出し作業

2019年3月21日(祝)雨のち晴れ
午前中は予報通り「通り雨」の春分の日。このところ暖かい日が続き、東京、福岡、横浜でサクラの開花が発表されました。 本日は米づくり「稲架掛け(はさかけ)」で使う真竹の切出し作業を行いました。昨年に引き続き今年も島田谷津田での米づくり事業継続に向け稲の天日干しの際に必要なハザ掛けの支柱となる竹を調達します。冬は竹の水分も少なく虫がつかないので竹は寒い時期に切出しを行うと良いそうです。今回はいつもエコウォーキング開催時に搾りたて牛乳の提供でお世話になっている高秀牧場の協力を得て高秀牧場所有の竹林で作業しました。結果、太さ・長さ(2m半程度)まちまちの竹69本を確保しました。枝打ちした笹は長いものを選別して「粗朶(そだ)」として利用を計画しています。
今度の日曜日(3/24)は春のエコウォーキングです。お天気は問題無さそうです。八千代(桑橋)の歴史を辿り春を満喫(清掃活動も)しましょう。
本日はお疲れ様でした。

2019年03月21日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

花輪川の作業(3月定例)

2019年3月17日(日)晴れ

桜の開花がまちどしい季節となりました。来週は春本番の暖かさになりそうですがスギ花粉がピークを迎えています。オイコス活動拠点の花輪川には菜の花がほぼ満開です。本日は天候に恵まれ花輪川の作業(5名が集合)を行いました。今回も川沿い遊歩道(花輪橋から土橋まで)に散乱した小枝など落下物の清掃(収集)を行いました。午後からは定例会です。3月24日恒例の春のエコウォーキング開催に向け最終確認など行います。お疲れ様でした。

生物モニタリング調査

2019年3月15日(金)晴れ
オイコス活動拠点(花輪川周辺)の第1回「八千代市生物モニタリング調査」を実施しました。
八千代市の豊かな自然環境を次世代につないでいくためには、現在の状況を記録し、その変化を把握。そして課題を共有することが重要です。八千代市では過去多くの市民や団体の協力のもと自然環境の調査把握がされてきました。 「八千代市生物モニタリング調査」は八千代市の自然環境のいまを記録するとともに、身近な自然の素晴らしさに気づき考える機会となります。
①現地調査期間:2019年1月から12月までの約1年間
②調査担当地域・調査場所は、概ね2~3k㎡の調査担当地域を設定
③調査内容:調査対象の生物:植物35種、動物35種程度
④調査方法:担当地域を季節ごとに2回以上歩き、調査対象種の確認と位置の記録、事務局が提供する野帳への個体数などの記録
⑤学習会:2月に早春・春開催。他に夏と秋に開催予定

花輪川の作業(2月定例)

2019年2月17日(日)晴れ時々曇り

寒い日が続いています。先週土曜降雪のため日程を延期して本日、寒さもあまり感じない程の天候に恵まれ花輪川の作業(8名が集合)を行いました。今回も川沿い遊歩道(花輪橋から土橋まで)に散乱した小枝など落下物の清掃(収集)と今後、花輪川の作業をどの様に進めるかについて打合せを行い次の通りとしました。①川の植物(ヤナギモなどの水草)の繁茂状態調査。②川中の護岸補修を含めて対策考慮。
午後からは定例会です。前回の例会に引き続き、時間切れとなった餅つき会の振り返りおよび、3月開催のエコウォーキング詳細や次年度事業方針などを中心に打ち合わせを行いました。お疲れ様でした。

オイコスかわら版31号~39号

かわら版39号2019年02月 米づくり体験(稲刈り、餅つき会)

かわら版38号2018年09月 米づくり体験(草取り)、自然観察会、ホタル観賞会

かわら版37号2018年06月 米づくり体験(田植え)

かわら版36号2018年02月

かわら版35号2017年11月 第11回_川の学校実施報告

かわら版34号2017年06月

かわら版33号2017年02月 15周年記念特集号

かわら版32号2016年09月 第10回_川の学校特集号

かわら版31号2016年05月

花輪川の作業(1月定例)

2019年1月20日(日)晴れ
大寒、センター試験2日目、平成終了までちょうど100日、天覧相撲開催の本日、今年初回となる花輪川の午前作業に11名が集まりました。先月の川作業にて意見があった通り花輪川沿いの遊歩道の点検および、花輪川上流を中心に強風で散乱した木枝の清掃や川の中のゴミ清掃を行いました。作業終了後、オイコスメンバ差し入れのネギやサツマイモを焼いて試食しました。また、先月餅つき会で余ったあんことメンバ差し入れのお餅でおしるこも美味しくいただきました。午後からは定例会です。昨年実施の米づくり事業の振り返りや3月開催のエコウォーキングおよび、次年度事業方針などを中心に打ち合わせを行いました。お疲れ様でした。

餅つき会開催

平成30年12月16日(日)曇りのち雨
本年の米づくりの最後を締めくくる餅つき会を公募家族19家族、スタッフを含
む合計82名を集め開催しました。
1家族1臼の半分づつの「のし餅」にして持ち帰ります。「餅つき機」による
捏ねと「臼杵」による手搗きを併用して名簿順に、のし餅を仕上げていきます。
子どもたちも杵で餅搗きにチャレンジしました。
搗きたてのお餅は「あんこ餅」「きなこ餅」「磯部餅」にセルフトッピングし
て試食します。試食用含め合計27臼を搗きました。大きな鍋2つで「トン汁」
も作りました。最後に余ったおもちを使って丸餅づくりを行い家族毎に持ち帰
りました。
小雨が降り出す前の14:30に後片付け含め計画通り全ての作業を終了しました。
一年間お疲れ様でした。来年も良い年であります様に!。

<参考資料>
餅つき計画
全体スケジュール
米づくりアンケート様式
2017参考写真

2018年12月16日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

餅つき会準備

平成30年12月15日(土)晴れ
米づくり今年最後の行事、明日の餅つき会に備えて現地会場で道具や材料の
準備確認を行いました。もち米は一臼当たり2.2Kgを標準に約27臼分を洗米し
ました。今年は蒸篭や餅つき機の台数を増やし捏ねを機械で搗きを臼杵で仕
上げる方式を試行します。
拠点を移して4月から開始した米づくり体験。オイコス活動の本年を締めく
くる平成最後の仕上げです。
明日は楽しい一日になります様に!。

2018年12月15日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

花輪川の作業(12月定例)

平成30年12月9日(日)晴れ

朝夕めっきり寒くなりました。本日、3カ月ぶりの花輪川での作業に8名が集まりました。

米づくり体験9月の稲刈りで使用した鎌(30本)の手入れ、倉庫内の整理や以前から懸案となっていた倉庫カギの設置を行いました。先月(11月)の定例作業で田んぼから回収した再利用出来ない稲木(竹)も焼却処分しました。その炭でジャガイモを焼いて美味しくいただきました。また、真冬の花輪川作業を今後どの様に進めていくかも少し話し合いました。例年、花輪川沿いの遊歩道に強風で大小の木枝が落ちるので点検と清掃、川の水質調査の継続など意見が出ました。

午後からは定例会です。餅つき会(12/16(日)開催)のスケジュールおよび役割分担など【餅つき会計画】を中心に打ち合わせを行いました。お疲れ様でした。

田んぼの片付け(11月定例)

平成30年11月11日(日)晴れ時々曇り

「立冬」を過ぎ11月からオイコス定例作業は9:30開始(~10月までは9:00開始)となります。
今月の川作業は先月、雨で中止とした田んぼの後片付けを行いました。
ハザ掛け(竹組み)を解体して竹を田んぼから搬出します。来年もハザ掛けに使えそうなきれいな
竹(4m)27本、竹(2m)69本は倉庫で保管します。残りは花輪川に搬入して別途再利用(処分)します。
田んぼに残ったわらはオイコスメンバ個人で耕作している畑の肥やしなどに活用することとしました。
また、本日は「千葉県生涯大学校東葛飾学園」講師(博士)の校外学習として大学の先生と生徒8名が
田んぼと花輪川の現地視察に来られました。田んぼや花輪川活動拠点の日頃の活動内容説明しました。
花輪川は菊が満開で見頃です。先日(8日に)植栽したパンジーと合わせて是非、見に来てください。
午後からは定例会です。その後、先月収穫したもち米(もみ米)の精米を行いました。
乾燥済のもみ米(7袋)130.8Kgは精米後82.9Kgになりました。精米すると約3分の2になることがわか
りました。お疲れ様でした。