オイコスの活動年表

年月事項
平成12(2000)年12月設立準備総会
平成13(2001)年04月発起人総会
平成13(2001)年08月ホタルを探す会開始(石神谷津)
平成13(2001)年09月設立総会
平成13(2001)年12月特定非営利活動法人八千代オイコス登録認可
初代代表 加藤賢三
平成13(2001)年花輪川実験水路つくり
平成14(2002)年01月竹炭焼き開始(ドラム缶、花輪川畔)
平成14(2002)年03月グラウンドワークによるまちづくりフォーラム(市民活動16団体)
平成14(2002)年03月インターネット付箋紙実験(NTTデータと共同)~8月
平成14(2002)年04月第2回社員総会
平成14(2002)年08月『やちよごみマップ』冊子および電子版作成(助成金を得て市民有志募集調査まとめ)~11月
平成14(2002)年08月ホタル調査、観察会開始
平成14(2002)年花輪川水質調査、花壇、苗植え等の美化運動開始
平成14(2002)年竹炭焼き場所移動(高秀牧場の水性植物園側に,炭は水質浄化に利用)
平成14(2002)年11月花輪川フェステバルin高秀牧場開始(近隣住民との接触を目的)
平成14(2002)年11月村上東小学校に学習支援講師派遣
平成14(2002)年12月市民活動サポートセンター設立準備委員会、運営委員会にスタッフ派遣
平成15(2003)年01月印旛沼環境基金活動報告会で1年間の実績報告開始
平成15(2003)年05月実験水路にて水質浄化実験(竹炭、木炭)および水質分析調査開始
平成15(2003)年食育プロジェクト実行委員会にスタッフ派遣
平成15(2003)年04月アダプト制度」導入
平成15(2003)年04月付箋紙実験報告会(歴史郷土博物館)
平成15(2003)年05月花輪川クリーン作戦開始
平成15(2003)年11月エコメッセに参加
平成16(2004)年05月「河川協会」より「花輪川 の美化、環境保全活動」で表彰を受ける
平成16(2004)年07月花輪川道路に紫陽花苗100個植える
平成16(2004)年11月森の作業(廃棄物センター近く、竹炭焼き場所確保)~翌年5月で中止
平成16(2004)年サポートセンター祭りに参加開始
平成16(2004)年オイコスのパンフレット作成
平成17(2005)年07月「川の学校」開校(エコマインド学習生、子どもネット八千代)~8月
平成17(2005)年06月小・中学校総合学習に講師派遣(大和田小、村上東中)~12月
平成18(2006)年02月みためし事業による花輪川ゴミ拾い(市役所職員、吉橋団地従業員、オイコスの合同)
平成17(2005)年12月花輪川散歩道に木製チップ、砂利を敷く(土橋~かりん橋間)
平成17(2005)年花輪川にハグロトンボ、ゲンゴロウ、ミズカマキリ棲みつく
平成18(2006)年03月定款一部変更
平成18(2006)年06月「かわら版」創刊3回/年発行
平成18(2006)年「印旛沼あっぷ2006事業」に採用される(花輪川のせせらぎ、魚の棲み家つくり)
平成18(2006)年竹炭焼きドラム缶から常設釜に変更(佐々木さん宅の借用)
平成18(2006)年11月第2回まちづくりフォーラム開催(市民活動22団体)
平成18(2006)年ホームペジ広報活動開始
平成18(2006)年米作り試作、稲作経験開始(萱田の田んぼ)
平成19(2007)年環境学習受託事業に応募(千葉県の公募、川の学校として2日間実施)
平成19(2007)年03月花輪川クリーン作戦→エコウォーキングに名称変更
平成19(2007)年花輪川フェスティバルに東京動物専門学校生徒参加(キリンキッズ)
平成19(2007)年05月フリーマーケットに参加(緑が丘ローズフェスタ)
平成19(2007)年12月「餅つき大会」実施
平成19(2007)年花輪川ササバモ姿消す
平成20(2008)年02月「印旛沼連携アダプトプログラム合意書」締結(桑納川睦橋→高橋橋間)
平成20(2008)年04月第8回総会にて新体制発足。2代目新代表 川瀬純一就任。
平成20(2008)年05月アダプト制度内容変更合意(ブロック、石、粗朶など川の中での作業可能)
平成20(2008)年07月川の学校2回実施チラシ配布(一般小学生、8月子どもネット八千代)
平成20(2008)年J:COM-TVに放映される(かわら版編集会議の様子)
平成20(2008)年花輪川にヤナギモが繁茂しモツゴ、トウヨシノボリ多く見られる
平成21(2009)年八千代市1%支援制度に応募
平成21(2009)年イオンの「黄色いレシートキャンペーン」に参加
平成21(2009)年畑の体験作業(サツマイモ一部焼酎つくり)
平成21(2009)年米作り場所神久保に体験実施(もち米作り)
平成21(2009)年「川の学校」応募者100人超え、抽選で69名に。参加費800円/人徴収
平成21(2009)年花輪川スジエビが多く見られるがモツゴ減少
平成22(2010)年「畑の学校」開校(植え付け~収穫までサツマイモ、ジャガイモ、落花生など)
平成22(2010)年米作り場所神久保に移動しもち米作りに特化
平成22(2010)年東日本大震災にオイコスとして自主募金開始
平成22(2010)年かわら版オールカラーに変更(14号から)
平成22(2010)年「川の学校」参加費1000円/人徴収(報告書参加者に送付)
平成23(2011)年08月「川の学校」実施1回に戻す
平成23(2011)年11月花輪川自噴水の水量、水質測定開始(4か所)
平成23(2011)年「ヤマトミクリの里づくり協議会」に参画
平成23(2011)年03月ホームページサーバJCAFEよりロリポックに変更
平成24(2012)年花輪川、放射線量計による測定開始(花輪橋~土橋道路、中州)
平成24(2012)年「川の学校」開校中止(河川内の露出土壌の放射線量値高い)
平成24(2012)年花輪川フェスティバル終了(市民、住民との親睦成果乏しい)
平成24(2012)年竹炭焼き終了(一定の成果得た)
平成24(2012)年08月ホタル調査マップ作成(平成6、16、24年の推移と考察)
平成24(2012)年12月環境省より「水・土壌環境保全活動功労者」の表彰を受ける
平成25(2013)年「川の学校」再開(川に入らず、1日目印旛沼屋形船に乗り水質調査、水面水産研究所見学、2日目花輪川見学ラリー)
平成25(2013)年花輪川の草木に陶板の名称板取り付け
平成25(2013)年02月オイコス会員の初合宿(活動振り返り、将来の展望議論10名参加@白子)
平成25(2013)年12月餅つき会場、新設なった島田地区の農業交流センターに移動
平成25(2013)年12月東日本大震災募金千葉県共同募金会に寄付(68,560円)
平成25(2013)年エコウォーキング内容(春:菜の花、秋:歴史散策を主体)
平成26(2014)年10月「第3回印旛沼流域再生大賞」印旛沼流域水循環健全化会議より受賞
平成26(2014)年放射線量全ての測定点にて基準値以下になる
平成26(2014)年「川の学校」川に入っての授業再開(放射線量、環境基準値以下になる)
平成26(2014)年畑の学校休止(借用農地の事情)
平成27(2015)年02月川瀬代表「印旛沼流域再生大賞記念講演」
平成27(2015)年02月吉橋工業団地内の「(株)味泉」工場見学(廃水処理装置の勉強会)
平成27(2015)年11月ボーイスカウト八千代第2団と活動開始、団員オイコスの活動に参加
平成27(2015)年12月餅つき会、従来の臼に[餅つき機]も加え労力低減を図る
平成28(2016)年04月第16回オイコス総会総会議事録オイコス定款
平成28(2016)年04月田んぼの代掻き仕上げに「はしご」を活用
平成28(2016)年05月オイコス活動の動画DVD制作(5分Ver)
平成28(2016)年07月「川の学校」に環境水研究所が参加(水循環を模型で紹介)
平成28(2016)年08月オイコス活動報告にサポートセンタホームページ併用
平成28(2016)年09月ボーイスカウト八千代第2団のスカウトディ「ミニ川の学校」共同活動
平成28(2016)年09月八千代市市民活動団体連合会設立に参画
平成28(2016)年11月「子どもゆめ基金」に助成金申請書提出(申請193K円→交付通知158K円)
平成28(2016)年12月オイコス15周年記念パーティ-開催
平成29(2017)年03月花輪川菜の花エコウォーキング向け試験的にチラシ200部制作
平成29(2017)年03月八千代新川千本桜 河津さくらまつりに参画
平成29(2017)年04月花輪川菜の花エコウォーキングにて「焼き芋」メニュー追加
平成29(2017)年04月第17回オイコス総会総会議事録
平成29(2017)年04月日本財団CANPAN運営HPの団体登録情報開示レベル★5個に昇格
平成29(2017)年04月田んぼの代掻きで「泥んこ運動会」を開催
平成29(2017)年05月内閣府NPOポータルサイトを団体情報発信向けID取得申請