米づくり体験「脱穀」

平成30年9月29日(土)曇りのち雨

今年の田んぼ最後の活動「脱穀」を30日(日)に予定していましたが、台風24号の接近
に伴い日程を繰り上げて急遽本日実施することとしました。秋雨前線の影響で作業途
中から小雨が降る中、体験家族7家族20名とスタッフ10名(講師2名含)が参加しました。
脱穀は、今月16日に稲刈り・はざ掛けした稲を「はざ」から降ろし講師(近隣農家)所
有のコンバインを使って籾米とわらを分離します。
収穫した籾米(もち米)は全部で約150Kg、米紙袋大8袋に分けスタッフが分担して持ち
帰り更に自然乾燥させます。籾米(うるち米)は米紙袋小30袋(約5.5Kg/袋)に分け参加
家族およびスタッフに配分します。精米は各自で更に乾燥した後にJAにて精米します。
収穫したもち米は後日精米して12月16日(日)に「餅つき会」を行います。
本日は雨の中お疲れ様でした。

2018年09月29日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

『日本ボーイスカウト八千代第2団スカウトディ』共同活動

平成30年9月23日(日)晴れ

本日は、日本ボーイスカウト八千代第2団と「ボーイスカウトデイ」共同活動を花輪川中心に開催しました。
日本ボーイスカウト八千代第2団からはビーバー(小学生1年以下)とカブスカウト(2~3年生)の25名と
成人指導者15名、家族数名が参加しました。
開会式の後ビーバーとカブの2隊に分かれ、それぞれのコースをゴミ拾いを行いながらウォーキングしました。
その後本日、子どもたち一番のお楽しみ「川での生き物探し」を二か所に分かれて実施しました。
オイコスからは「川の生き物探し」をサポートしました。40分程でしたが川底を網ですくうと思いがけない
生き物が沢山採れ、子どもたちは大喜びでした。楽しい半日でした。

ボーイスカウト八千代第2団ホームページに詳しい内容が掲載しています。
八千代第2団のホームページ

米づくり体験「稲刈り・はざ掛け」

平成30年9月16日(日)曇り時々晴れ

朝夕ずいぶん涼しくなりました。
秋雨前線の影響でこのところぐずついた天気が続いて、一昨日はずっと雨でしたが昨日
未明には雨が止み予定通り本日、田んぼの稲刈り(手刈り)とはざ掛けを実施しました。
体験家族20家族61名とスタッフ12名(講師含)が参加しました。
今年から島田谷津田に拠点を移し田んぼも広くなり「うるち米」と「もち米」両方の収
穫に向け、稲の「刈り取り」や「稲束作り」そして「はざ」の組み立て、全ての段取り
は手探り状態。試行錯誤で計画を立てました。
刈り取った稲の揃え方、「はざ」の強度確保および転倒対策、「雑草ヒエ」の駆除、
休憩場所(お弁当)広さの確保、稲束を縛るわらの量確保など、長年の懸案を含め課題が
明らかとなりましたが、怪我も無く予定通り全ての作業を完了しました。
参加の皆様にはお礼を申し上げます。
二週間後はいよいよ田んぼでの最終作業「脱穀」を行い収穫した籾米(うるち米)は参加
家族に配分します。※天候状態により延期有り。
また、もち米は後日精米して12月16日(日)に「餅つき会」を行います。
本日は暑い中お疲れ様でした。

2018年09月16日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

花輪川の作業(9月定例)

平成30年9月9日(日)晴れ

台風21号および北海道胆振東部地震により被害にあわれた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
本日は10名が集まり、前回8月定例の川作業に引き続き、今月23日開催予定のボーイスカウト
共催活動「川の生き物探し」の会場となる残りの階段付近の草刈りを中心に行いました。
また、定期的に実施している花輪川の水質検査も行いました。
午後からは定例会です。暑い中お疲れ様でした。

田んぼの草刈り

平成30年9月1日(土)曇り時々晴れ
本日は「防災の日」大型台風21号は来週日本列島にかなり接近する見込みで注意が必要です。
八千代市にも朝から雷注意報。午後から雨の予報でしたが2人で田んぼの草刈りを行いました。
田んぼの周りの畔や隣の田んぼ(北側)道路側の畔、木陰となる林の下草を刈りました。
稲の生育状況について講師(地元農家)によると、今年既に稲刈りを済ませた近隣農家のお米の
出来高は若干低いとのこと。どうやら連日の猛暑が影響している様です。
お隣(南側)の田んぼの稲は黄金色の穂が実り、天候が良ければ来週にも稲刈りが行われると
のことです。
我々の田んぼはまだ緑色の穂が多く今のところ9月16日(2週間後)に稲刈りを予定しています。
草刈り終了後、刈り取った稲を干すハザ掛け(竹の稲木)の組み立て方のテストも行いました。
220cmの竹3本を結束バンドで縛り170cmの正三角形となる様に足を広げ組み立てます。
強風を受けても倒れない様に竹先を20cm地中に打ち込みます。
今年は台風の当たり年とのこと。稲刈りから脱穀完了まで間は台風が来ないことを祈ります。
本日は暑い中お疲れ様でした。

2018年09月01日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

夏の田んぼ

平成30年8月26日(日)晴れ
本日も各地で猛暑日となりました。今月(8月)も残り一週間、田んぼの様子を見てきました。
8月上旬に花を咲かせた稲は緑色の穂を垂れ順調に生育している様子です。3週間前は特に
目立たなかった「雑草ヒエ」が稲の背丈を超えていました。無農薬栽培による課題です。
来月9月は太平洋高気圧の勢力が徐々に弱まり、台風は本州付近への接近・上陸の危険性
が高まるそうです。稲刈り当日は今日と同じ晴天で迎えることが出来ます様に。

2018年08月26日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

花輪川の作業(8月定例)

平成30年8月19日(日)晴れ

連日の猛暑から一転、一昨日から暑さが和らぎ「涼しい」日が続いています。
本日は定例の川作業を実施しました。土橋階段付近の草刈りや花壇の草取り、
そして、アジサイ周りの剪定。枯草の焼却と倉庫内備品の整理を行いました。
午後からは定例会です。お疲れ様でした。

米づくり体験「自然観察会」

平成30年8月5日(日)晴れ

本日も西日本から東日本を中心に晴れて気温が上がり、午前中からすでに30度を超えているところがあり
熱中症に厳重な警戒が必要です。甲子園では夏の全国高校野球第100回記念大会が史上最多参加56校の代
表校にて開幕しました。
島田谷津の田んぼは、青々とした稲が順調に生育しています。田んぼ両端の林の影響を受け、日当たりの
良い田んぼ中央付近は稲穂が実っています。また、この暑さのせいか既に花が咲いている稲もありました。
この稲の花が咲く頃は受粉の妨げとなるので田んぼの中に入れません。予定通り島田谷津頭にて自然観察
会を開催しました。体験家族11家族35名とスタッフ14名(講師含)が参加しました。
今回、会場は「むつみの森」をお借りして「藁すぐり」「竹水鉄砲づくり」「森の散策」、余った時間を
利用して、竹トンボや竹馬など昔遊びも行いました。
「藁すぐり」は稲刈りの時に刈った稲を束ね縛るための藁を無駄なはかま(下葉)を取り除き芯のみに準
備することです。講師によると藁すぐりは足踏脱穀機(あしぶみだっこくき)を用いて昔は行っていたそ
うです。今は機械化が進み稲刈りから脱穀~乾燥までコンバインで行うため近隣の農家にはそのような器
具は既に存在しないそうです。なので試しに熊手(レーキ)を用いて藁すぐりを行いました。以外と簡単
に子どもたちも楽しみながら約48束の藁を効率良く上手に仕上がりました。
今回の企画は田んぼから少し離れ、参加家族間の交流も兼ね数多くの体験が出来る内容でした。暑い夏休
みの楽しい思い出になれば幸いです。次回(9月)は「稲刈り&はざ掛け」の大仕事が待っています。
本日は暑い中お疲れ様でした。

2018年08月05日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

ホタル観賞会

平成30年8月4日(土)晴れ

今日も強い日ざしが照り付けて気温が上がり、所によって38度を超える危険な暑さが続いています。
本日は恒例のオイコスホタル観賞の日です。知人や隣人を誘い合わせ23名が参加しました。
八千代市で自然に生息するホタルを実感!。写真でその姿をお伝え(暗くて)出来ないのが残念です。
暑い夏の夜を楽しみました。