米作り

米づくり作業の一年

活動報告

米づくり竹の切出し作業

平成30年2月10日(土)晴れ

今夜から未明にかけて雨の予報です。西日本にある低気圧の影響により東日本
や北日本では気温が高くなりました。
本日は米づくり「稲架掛け(はさかけ)」で使う真竹の切出し作業を行いました。
昨年までと比べて今年から田んぼの広さは約3倍の広さとなります。稲木に用
いる竹の量も増やすこととしました。冬は竹の水分も少なく虫もつかないので
今の時期に行うと良いそうです。
本日はお疲れ様でした。

2018年02月10日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

餅つき会開催

平成29年12月17日(日)晴れ

本年の米づくりの最後を締めくくる餅つき会を参加者21家族、子どもを
含む32名で行いました。
1家族1臼づつ「のし餅」にして持ち帰ります。「臼杵」による手搗き、
または、機械搗きか各家族希望を出して順番はあみだくじで決めます。
子どもたちも杵で餅搗きにチャレンジしました。
搗きたての餅は「あんこ」「海苔」「納豆」「きなこ」「おろし大根」
などをトッピングしてお昼ご飯です。大きな鍋で「トン汁」も作りま
した。余ったおもちを使って丸餅づくりの講習会が始まりました。
最後に丸餅を各家族に配り解散しました。昨年とほぼ同じ量のおもち
を搗きましたが昨年より約一時間早く14:30に終了しました。
一年間お疲れ様でした。来年も良い年であります様に!。
(=^・^=)

2017年12月17日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

餅つき会準備

平成29年12月16日(土)晴れ

米づくり今年最後の行事、明日の餅つき会に備えて現地会場で道具や材料の
準備確認を行いました。もち米は一臼当たり2.2Kgを標準に約26臼分を研ぎ
ました。今年は臼を1台追加して2台とし、電気餅つき機2台を併用します。
会場となる農業交流センタの水洗い場は従来、(冷たい)水道水のみでしたが
今年からお湯が出る様になり湯沸かしや後片付けの負担が改善出来そうです。
また、もち米を蒸すコンロを3多重にて効率良く出来る様にちょっとした工
作もしてみました。
4月から始めた田んぼの田起こし・田植え・稲刈り・脱穀と長い時間大勢で
手間をかけたオイコス活動の本年を締めくくる最後の仕上げです。
明日は楽しい一日になります様に!。

2017年12月16日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

田んぼで脱穀

平成29年10月08日(日)晴れ

雨天で2度延期となった田んぼの最後の行事「脱穀」を
快晴の日和のもと、川作業を中止して行いました。
12月にはこのお米で「餅つき会」を行います。
午後は10月定例会です。

2017年10月08日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

田んぼの稲刈り

平成29年9月24日(日)晴れ
台風18号や秋雨前線の影響でこのところ土日はずっと雨でしたが久々の晴天と
なりました。9月17日(日)の予定を変更して本日田んぼの稲刈りを実施しました。

2017年09月24日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり「草取り」

平成29年7月1日(土)曇り時々雨

梅雨が本格化しました。四国および北陸地方は大雨の様です。
午前中の天気予報は雨が降ったり止んだりの予報でしたが田んぼ周辺の草刈りを中心に
行いました。田んぼの中の草取りも少し行いました。
「中干し」のため水源ポンプが停止しており周辺農家の田んぼも水が無くなっていました。
中干しは田植えの約1か月後目安に実施します。土壌の還元化による硫化水素や有機酸の
発生を抑え根腐れを抑制し、稲の直下方向へ根の伸張を促進するとともに無効分げつの
発生を抑制します。田面を硬化させることで登熟後半まで湛水しても収穫作業が円滑に
行う効果が有るそうです。
田んぼ周辺の雑草や畔道の草刈りを一通り終えた10時半頃、粒の大きな雨が降ってきま
したので本日の作業を終了としました。
本日は、蒸し暑く雨の中お疲れ様でした。

2017年07月01日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり「草取り」

平成29年6月4日(日)晴れ

梅雨入り目前、雑草の伸びが思ったより遅く予定を一週間延期して、田んぼの中
の草取りと畔道の草刈りを約1時間半、大人7名と子供2名で実施しました。
田んぼの中にはアオミドロが大量発生していました。お隣の農家の田んぼも同様。
そのせいか田んぼの中の雑草も思ったほど伸びていませんでした。
アオミドロについて、稲作では特に問題は無い様です。植えた苗が育って水面に
射す光が減れば藻類も減衰するそうです。田んぼに藻が発生しているということ
は「水が栄養豊富」であり、藻が繁殖するのに井戸水が適した水質だそうです。
稲の発育状況について、出口付近の成長は遅いもの、田んぼの中ほどは順調に育
っています。暑い中お疲れ様でした。(=^・^=)

2017年06月04日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり「田植え」

平成29年5月7日(日)晴れ時々曇り

今年もゴールデンウィーク最終日。強い日差しも無く時折微風が吹く絶好の行楽日和です。
先週の代掻きに引き続き、今日から新しい2家族も合流して田植えを行いました。
田んぼに細いロープをピ〜ンと張り参加者全員一列に並んで、もち米の苗の手植えです。
子どもたちも田んぼ水口の一画にて二人の先生の指導のもと、苗の持ち方から植え方まで
コツを伝授されながら手植えを行いました。足が抜けなくなったり、尻もちをついたり、
泥んこになりながら…。米づくりを通して沢山の体験と感動が待っています。
どうでしょう手植えの出来栄えは?。機械植えほどではありませんがなかなか「まっすぐ」
になっていませんか。上出来!。
これから暑くなりますが8月中旬頃まで、月一回ペースで田んぼの中の雑草取りや周辺の
草刈りを行って行きます。
参加家族の皆さんと一緒に、暑い夏を超えて実りの秋には沢山のもち米を収穫し年末には
楽しい「餅つき会」を!。頑張りましょう。(=^・^=)

2017年05月07日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者

米づくり「代掻き」

平成29年4月30日(日)晴天

ゴールデンウィーク2日目の日曜日、先週に引き続き、本日は田んぼで代掻きを
行いました。日本海側の各地で30度を超え4月としては観測史上最も高い記録を
更新している所も有る様で、こちらも6月並みの暑い日となりました。
新年度、新しいメンバも増え子どもたち5家族を含む自己紹介の後早速、耕運機
と手作業で代掻きを開始。子どもたちは、ぬかるんだ田んぼに足を取られながら
泥遊びです。昨年から導入した「はしご」でデコボコの泥を平らに均します。
また、今年は水口に木枠を設置して洗い場を整備しました。コンクリートと板の
間から水が漏れない様に木枠内に水が溜まるようにしました。
子どもたちは「オケラ」や「アマガエル」などにも触れました。さらに奥の農道
では、環境省のレッドリスト(2007)絶滅危惧II類に登録されている「キンラン」
を発見して自然探検も行いました。暑い中お疲れ様でした。
来週は、いよいよ田植えです。お楽しみに。(=^・^=)



※「キンラン」「ギンラン」は日本の野生蘭のひとつで同じキンラン属に属し、
かっては雑木林の林下や、里山の林下の何処にでも見られた花であったが、今や
絶滅を危惧される花になってしまった。雑木林の下草刈りをしなくなって生育環
境が悪化したり採取によって激減している。花言葉は『眠れる才能』。
この花は「菌根菌」と呼ばれる菌類と共生する特殊な生育形態にあり特に菌に対
する依存度が強く、この「外生菌根菌」は林下等の特殊な土壌にのみ生息し、
この花を採取して移植しても家庭で育てる事は不可能であるが、この時期に咲く
同じ地生蘭のひとつであるエビネ類と混同されて採取されるようである。

2017年04月30日 | カテゴリー : 米づくり | 投稿者 : HP管理者
› 続きを読む